ベジタブル大学|野菜ソムリエ・ダイチがおすすめする野菜通販の選び方

野菜ソムリエ&調理師ダイチが、プロ目線で野菜通販や野菜の知識ついて簡単解説していきます。

離乳食なのに短時間で手間いらず、わたしの【簡単離乳食レシピ】

スポンサードリンク

FCFG100111356_TP_V

40歳の女性、夫と5歳の息子、1歳の娘を持つ主婦です。現在下の娘が離乳食後期ですが、上の子の時とは手の掛け方が全然違っています。

離乳食なのに。手間暇かける時間がない。

大切な離乳食。上の子の時は、お鍋でお粥を炊いたり、野菜をひたすらみじん切りしたり、離乳食のレシピ本片手に奮闘していました。すごく時間をかけて作っても、一口でべぇ~と出されて悲しくなることもしばしば。

しかも、手の込んだ離乳食って、大人が食べてもあんまり美味しくないんですよね。今は正直下の子に時間を掛けられないこともあり、気が付いたら離乳食の為に時間を使うことがほとんど無い事に気がつきました。

時間がないなら工夫から。私の【離乳食レシピ】

まず、離乳食前期で必須なのがお粥。これは大人のご飯を炊くときに、中央にお粥用の湯飲みを入れて、一緒に炊いてました。炊き上がりすぐに湯飲みを回しながら抜くと、湯飲みの底にご飯がくっつかずに簡単です。

スポンサードリンク

そして、子供にたくさん食べて欲しい野菜。これも一口大にカットしてキッチンペーパーに包み、炊飯器でお米と一緒に炊いてました。煮た野菜より甘味の強い温野菜ができるので、大人が食べても美味しいです。これは離乳食前期ではスプーンなどでつぶしてあげて、後期の今はそのまま手づかみ食べをさせています。

温野菜はたくさん作って冷凍しておくと、色んなレシピに対応できるので便利です。そして、野菜スープはお味噌汁のお味噌をとく前にスープだけすくって、製氷皿で凍らせています。キューブにしておくと、お素麺やおうどんの時のスープや、雑炊などが簡単にすぐ出来ます。

トマトスープも、完熟のトマトを沢山切って、シリコンスチーマーで五分程度チンしたものを、製氷皿に入れてキューブ状にして冷凍保存しています。これなら時間短縮できるので重宝しています。

【簡単でも美味しい】大人も一緒におやつ作り

基本的に、市販のベビーフードは今まで使った事がありません。外食の時のお弁当は、離乳食前期はストックのスープと温野菜、お粥を混ぜてチンしたものをタッパーに入れて持ち歩きました。今は焼き芋やとうもろこし、枝豆やブロッコリーなどをおにぎりと共に持ち歩いています。

おやつも、できるだけ手作りのものをあげるようにしているので、とにかく時間もかからず簡単にできるものをと考えています。じゃがいもをスライサーでカットして、キッチンペーパーに並べてレンジでチンすると、ポテトチップスが出来ます。

大人用は塩をふって食べると美味しいです。あとは、砂糖不使用の野菜スナックをよく作ります。小麦粉と水、オリーブオイルと塩、大根の葉っぱを刻んだものを練って、まとまったら薄く伸ばして180度のオーブンで15分程度焼いたらできあがりです。

これも、大人がビールのおつまみで食べても美味しいので重宝してます。離乳食を特別なものと捉えず、うまく楽しみながら作れると育児がもっと楽しくなりますよ。

スポンサードリンク

管理人プロフィール

管理人プロフィール

初めまして、野菜ソムリエでシェフの管理人ダイチです。詳しいプロフィールは画像をクリックしてみてね。

サイトマップ