ベジタブル大学|野菜ソムリエ・ダイチがおすすめする野菜通販の選び方

野菜ソムリエ&調理師ダイチが、プロ目線で野菜通販や野菜の知識ついて簡単解説していきます。

【産地がどうしても気になってしまう!】母として放射能を気にせずにはいられない

スポンサードリンク

FCFG100105129_TP_V

私は24歳の専業主婦です。1歳の子供の母親で、現在妊娠6ヶ月です。主人と3人で暮らしています。食の安全を意識する理由は、東日本大震災が起こってしまって、原発事故があり、放射能が発生してしまったからです。

産地は気になるが、気にし過ぎると疲れるので最低限。

放射能が食物に影響を及ぼしてしまい、小さな子供を持つ身としては、子供への影響が何より心配だからです。しかし、現地の方々に申し訳ないし、今はもう安全だと言われているのでそんなに神経質にはなっていませんが、やはり産地は気にしてしまいます。

そして、私も妊娠中ですので自分自身の体にも気を使わないと、お腹の子供にも影響してしまうので、なるべくは食材を購入する時気を使っています。野菜を購入する時は、オーガニックスーパーに行きたい気持ちはあるのですが、近くにお店がないのと、値段が高いので買うことが出来ません。

でも無農薬の野菜がほしいので、親戚の畑で取れた野菜を送って頂いています。畑にないものは購入しますが、送って頂いたものはもちろん無農薬ですし、新鮮で子供に安心して食べさせてあげることが出来ます。

スポンサードリンク

しかし、そんなにも神経質に無農薬野菜を選んだり、食材の産地を気にしたりするのも私は精神的に疲れてしまいますし、子供もたくましい子になってほしいので、1歳を過ぎた辺りから食材選びに一生懸命になりすぎるのを控えました。

また妊娠中で、赤ちゃんが産まれるので安全面に気を配りたいとは思いますが、最低限気にすればいいのかな、とも思い始めています。

【お肉と魚は国産】割高だけど味と信用度を優先します。

魚を選ぶ時は、新鮮なものが一番なのでまだ子供に生魚を食べさせたことはありませんが、十分に配慮しようと思っています。私自身も、お腹の子供に影響がないように食べる時は新鮮なものにこだわります。お肉については、基本的に国産のものしか買いません。

外国産に比べて少し高いですが、国産のお肉は信用度が高いですし、味も良いのでこれからも国産品を買い続けると思います。でも、私が、何よりも気を使っているのはどこのどんなものを買うという問題でなく、その食材の処理の仕方です。

産地より、放射能より、自分たちが出来る【予防を重視しています。】

賞味期限や、消費期限は必ず守ること。出来たら食材によってまな板や包丁を使い分けること、難しければ、肉や魚を切った後は、必ず洗ってアルコールなどで除菌をしてから次の食材を使うこと。手を頻回に洗うことなど。

食材の菌を繁殖させないようにすることが、とても大切だと思っています。大人でも辛い食中毒など、子供がなったらとても大変です。私はまず、自宅ですぐに出来る食への安全を重視しています。

スポンサードリンク

管理人プロフィール

管理人プロフィール

初めまして、野菜ソムリエでシェフの管理人ダイチです。詳しいプロフィールは画像をクリックしてみてね。

サイトマップ